床反力を使う

床反力を使う

こんにちは。パーソナルトレーナーの前田です。

床反力を使う

反力というのは反発する力のことです。

何かのスポーツ(陸上で行う)をされていると絶対に重力とは折り合いまたは活用しなければなりません。地面を押して、または蹴って体を移動させる。ほとんどの場合が素早く移動をさせることになります。地面を押した力を体に伝えて動きます。

例えば、ラケットスポーツや野球、ゴルフを含めた回旋系スポーツ(体を捻る動作)の場合、体重移動があって、身体を回旋(捻る)していきます。

この体重移動というのは、右利きの方の場合は、右足から左足へ重心が移動していきます。この時に右足でしっかりと地面を押す(蹴る)ことが必要になります。

これが出来ていないと左脚を軸とした回旋が起こせません。

そして、左脚は、やってくる力を受け止めて踏ん張らないといけません。

それが出来ていないと、体が流れてしっかりとした回旋を行うことが難しくなります。

ゴルフでいう壁を作る。というのは、この力発揮の左脚の作用のことを指しています。

 

足の骨を見たらわかります

この写真は、右足の骨です。後ろから写真を撮っていますが、踵の骨は、外側にしかありません。これってすごく重要なことです。

 

このようになっいる時には、踵の骨に体重をかけることができません。骨で地面を押すことが不可能です。そのために力を発揮しようがなくなり、結果的に小さな力しか出すことができません。そしてそのような状態でも上手く動くことがそもそもできません。

街中でよく見かける内股の方はこのようになっているんです。靴のかかと部分がかわいそうなくらい片減りしている方って意外と多いですよね。これとても危険です。

見るからに膝に大きな負担をかけていますし、姿勢も決して良くならない。。。

 

ちょっと極端にはしていますが、このくらいまで外側に力を入れてる方が力を発揮した時に、地面からの力を使うことが出来ます。外側の骨に体重が乗っていると骨を伝って力を地面に発揮することができますし、そうすることで体の移動をスムースに行うことが出来るようになります。

これはスクワットをしているボトムのポジションですが、つま先と膝の方向踵のポジションを意識しているので、力発揮がスムースに行われます。特に負荷が多くなった場合には、その分地面へ押しつけられる力を反発させないといけないので、トレーニングフォームが重要になるのはそういった骨のポジションも考えております。

トレーニング中の怪我が発生する場所って、腰痛や膝の痛みなどが多いのですが、これはトレーニングフォームが不適切なことで起こります。膝が痛くなる場合は、膝が中に入っていることで、力発揮が上手く上半身に伝わらない。伝わらないから、背骨のアライメントが良い状態じゃない。そして痛みが出てくる。というスパイラルです。

物理の法則   作用反作用の法則

押すと押し返され、引くと引っ張り返される。

テニスやゴルフでの重心移動をスムースに行うには、押したら押し返えされる。という作用反作用の法則を利用することです。

床からの反力を利用して体を移動させる必要があります。(右足)

そして、右からやってきた力を左脚で受け止め、耐えること(壁を作る)で、体は回旋をしてラケットを振ることが可能になります。強く振るには、脚からの腕力だけではなく体全体での動きに変える必要があります。

そして、最初の写真のように踵の外側にしっかりと乗る(骨に乗る)こと。そこから力が体を伝わっていくようにする事は、強い球を打つことにもつながります。また軸が安定するので、スムースな回旋にも繋がります。

私たちは、重力を消すことが出来ません。その重力と体のポジション(骨格)を合わせる事で、より良い体の使い方に繋がります。

重力と喧嘩をしない

こんな感じだと力発揮はおろか、支えることすら出来ていません。力の方向がバラバラで頭を支えているのは、上背部や首あたりになります。結果的に肩こりや腰痛の原因になります。

 

このように立てていれば、足底から頭まで力を上に持っていくことが可能です。そしてそうなることで骨はしっかりと重力に対して良いポジションになり、筋肉の力発揮に機敏に体は反応することができます。スポーツする上で良い姿勢というのは、それだけ重量になってくるということになりますし、一流のアスリートで姿勢が悪い人がいないのは、そういう理由でもあると考えられます。

まとめ

作用反作用の法則はすべてのトレーニングにおいて重要でもあり、ベースとして取り組んでいくべきものでもあります。そして、足底のポジションにも注意を払い、しっかりと立つこと。その上で動くように意識をすること。

全てはこの物理の法則に従って動いていくことになります。プールの中にでもいない限り重力からは解放されません。たまに解放されることも良いと思います。そしてプールから上がったら、また重力と向き合い、しっかりと地面を蹴って生活をしていきましょう!